逮捕されたら連絡

ご予約のお電話

ご家族が逮捕されてお困りの場合は、まずは、当事務所へ、予約のお電話をおかけください。
弁護士のスケジュールを確認し、面談時間を設定いたします。
刑事事件では早めの対応が好結果をもたらしますので、ご予約時にご家族が逮捕されたことをお伝えください。迅速に対応いたします。

ご予約時にお名前とお電話番号、ご家族が逮捕されている警察署をお聞きいたします。

お問い合わせ

ご相談

ご予約のお時間に当事務所へお越し下さい。
弁護士が直接面談させていただきます。

ご相談では、ご家族が、わかる範囲で事件の経緯をお聞きする他、本人の経歴など刑事弁護で有利に使える事情をお聞きしていきます。
その上で、この時点で予測できる今後の流れや有効な弁護方法を説明させていただきます。

面会のご依頼または事件のご依頼をご希望の場合は、費用や契約内容を説明させていただき、契約書を作成いたします。
そのため、予めご依頼を検討しておられる方は、念のため、ご印鑑をお持ちください。

弁護士費用

当事務所の初回相談は60分まで1万円となっています。
なお、事件をご依頼いただいた場合は、以後相談料は無料となります。

逮捕された本人との面会のみをご依頼の方は、面会1回、5万2500円となります。
事件のご依頼をする前に本人の言い分を聞いて検討したいという方はこちらをご利用ください。

事件を正式にご依頼いただく場合、着手金が42万円〜、成功報酬が42万円〜となります。
金額は事件の内容によって変わりますが、全て契約いただく前に説明いたします。当事務所では、これ以外の報酬はいただいておりませんので、ご安心ください。

費用の目安を申し上げると、軽微な事件が着手金42万円、成功報酬42万円で、通常の事件が着手金63万円、成功報酬63万円となっております。

お客様が弁護士の報酬としてお支払いいただく必要があるのは上記のみです。
それ以外にかかる費用は交通費等の実費数千円と、示談をする場合の示談金、保釈をする場合に裁判所に預ける保釈金となります。

なお、否認事件や裁判員裁判対象事件などは別途のお見積もりとなります。

面会、接見

契約後、入金が確認でき次第、弁護士が警察署に行き、本人と面会します。
本人に家族から依頼があって来たことを伝え、本件の事情や経緯を聞き取ります。その後、弁護士が今後の流れや注意点を本人にアドバイスします。

ご相談時に不明だった点についても、本人と面会することで理解が可能となりますので、この時点で、今後の方針が明確になります。

面会終了後、弁護士からご家族に、面会のご報告及び今後の方針をお伝えします。

ご家族に協力いただきたいこと

本人が逮捕されている事件の場合、ご家族の協力の有無で刑事弁護の結果が大きく変わります。
ご協力いただく内容は個々の事件によって変わりますが、概ね以下の2点をお願いすることになります。早期の釈放、本人の将来のためにも、ご協力をよろしくお願いいたします。

示談金の用意
窃盗や詐欺、性犯罪といった被害者がいる犯罪の場合、示談をすることが極めて重要になります。警察や検察との連絡、被害者との交渉は弁護士がおこないますが、示談交渉を始めるにあたって、ご家族には示談金をご用意いただくことになります。
示談金の額は事件の内容次第ですので、弁護士が検討してお伝えいたします。
なお、当然のことながら、無実を主張する事件や被害者が存在しない事件の場合には、示談は不要となります。

身元引受人
逮捕されている本人を釈放するにあたって、検察や裁判所が気にするポイントとして身元引受人の存在が挙げられます。本人を釈放する場合は、警察の取り調べが中断し、後日、警察に出頭して取り調べを受けることが必要になります。
本人がきちんと出頭し、捜査に協力するよう家族が監督することを約束することで釈放される可能性を高めることができます。
身元引受書は弁護士が用意しますので、署名押印をお願いいたします。

上記が主に、ご協力いただくこととなります。また、事案によっては下記のような活動も必要となります。

情状証人
本人に有利な事情を裁判で主張するために、ご家族に証人として立っていただく場合があります。

面会と差し入れ
ご家族との面会は本人を安心させる効果がありますし、差し入れは身柄を拘束された不自由な生活を少しでも緩和するために必要です。

このページの先頭へ