現行犯逮捕と令状主義の例外

逮捕は強制処分ですから、本来、逮捕状なくして逮捕することは許されません。
しかし、現に罪をおこなった者に対して令状を取っている時間はありません。現行犯に対しても令状がなくては逮捕できないとすると、犯人が逃亡してしまいますし、現行犯の場合は嫌疑が明白であるため、誤認逮捕のおそれが少ないと言えます。
そこで法は現行犯人は、だれでも逮捕状なくして逮捕することができるとしました。

なお、現行犯を追跡している場合であっても、途中で見失うなどして追跡が中断した場合は現行犯逮捕をすることはできません。
この場合は、誤認逮捕の恐れがないという現行犯逮捕の許容性が妥当しないためです。

準現行犯逮捕

罪をおこない終わった者でなくとも、罪をおこない終わって間がなく下記のいずれかに該当する者が準現行犯として逮捕することが可能です。

犯人として追呼されているとき
不法に得た財物または明らかに犯罪に使ったと思われる凶器などを所持しているとき
体や衣服に犯罪の顕著な証跡があるとき

私人による逮捕

通常逮捕については警察や検察しかおこなうことができませんが、現行犯逮捕にはそのような限定はありません。
現行犯人がいる場に警察がいることの方が少ないため、一般人による現行犯逮捕を認めなくては意味がないからです。
なお、一般人が現行犯逮捕をした場合は、直ちに検察官または司法警察職員に引き渡すことが必要です。

このページの先頭へ