逮捕されたら連絡

緊急逮捕とは

緊急逮捕は一定の罪を犯したと疑うに足りる十分な理由があり、急速を要し、裁判官の逮捕状を求めることができないときに、その理由を告げて被疑者を逮捕するというものです。
一定の罪とは、死刑または無期もしくは長期三年以上の懲役・禁錮にあたる罪を言います。

現行犯逮捕とは異なり、緊急逮捕ができるのは司法警察職員らに限定されています。

また、逮捕後は直ちに裁判官の逮捕状を求める手続きをしなければいけません。

緊急逮捕の合憲性

現行犯逮捕については憲法33条が令状主義の例外として規定がありますが、緊急逮捕については記載がありません。
学説には緊急逮捕は違憲であるとの見解もありますが、最高裁は合憲としていますので、緊急逮捕それ自体を今後、争うことは現実的ではないでしょう。
緊急逮捕については現行犯逮捕と同様に合理的な理由があり、事後的に司法的抑制が働くため、令状主義の例外として認められるとの意見が多いようです。

このページの先頭へ